利用料金

介護保険給付対象サービス

施設利用料 (1単位=¥10.55)(1日あたり)

要介護度 従来型個室 多床室
基本単位 利用者負担額 基本単位 利用者負担額
要介護1 579 ¥611 599 ¥632
要介護2 646 ¥682 666 ¥703
要介護3 714 ¥753 734 ¥774
要介護4 781 ¥824 801 ¥845
要介護5 846 ¥893 866 ¥914

加算料 (1単位=¥10.55)(1日あたり)

項目 基本単位 利用者負担額
機能訓練体制加算 12 ¥13
送迎加算 184 ¥194(片道)
看護体制加算Ⅰ 4 ¥4
看護体制加算Ⅱ 8 ¥9
サービス提供体制加算Ⅰ(イ) 18 ¥19
夜勤職員配置加算Ⅰ 13 ¥14
介護職員処遇改善加算
施設利用料より算定した単位の合計の3.3%

※ 送迎加算については、通常の実施地域を越える交通費(送迎)の場合
基本料金 + 実施地域の境界を越えて1kmごとに¥300

※ 保険請求システム上、毎月のご請求額は上記料金を乗じた額とは若干ことなります。

介護保険給付対象外サービス

滞在費 (1日あたり)

利用者負担段階 対象者 従来型個室 多床室
第1段階 生活保護受給者・老齢福祉年金受給者 ¥320 ¥0
第2段階 市町村民税世帯非課税
課税年金収入と合計所得金額が80万円以下
¥420 ¥370
第3段階 市町村民税世帯非課税
利用者負担第2段階以下の方
(課税年金収入80万円越え266万円未満の方など)
¥820 ¥370
第4段階 上記以外の方 ¥1,150 ¥840

※ 居室にかかる費用について、負担限度額認定を受けている場合には、認定証に記載している負担限度額とします。

※ 施設利用料および滞在費については、以下に該当する場合は従来型個室をご利用いただいた場合でも多床室として取り扱わせていただきます。
・ 感染症等、医師が判断した者、施設側の事情により一定期間(30日以内)従来型個室への入所が必要な場合
・ 著しい精神症状等により他の同室者の心身の状況に重大な影響を及ぼすおそれがあると医師が診断し、従来型個室以外での対応が不可能である者

食費

利用者負担段階 1日あたり
第1段階 ¥300
第2段階 ¥390
第3段階 ¥650
第4段階 ¥1,380

※ 食費にかかる費用について、負担限度額認定を受けている場合には、認定書に記載している負担限度額とします。

  • 負担限度額申請をし、認定書が出来るまでだいたい1ヶ月ぐらいかかります。申請はお早めに、ケアマネージャにご相談ください。
  • 詳細のお支払い金額についてはご利用日の最終日に電話でご連絡致します。

その他料金

(1)日常生活費

日常生活費 1日 ¥100
内訳 その他所持品保管サービス ¥100

(2)個別サービス利用料金

サービス項目 単位 金額
希望の病院への通院および入院時の援助・手続き
*本人又は家族の希望の病院への通院・入退院の場合
1回 ¥3,000
個人の希望による外出・通院への付き添い
(ただし交通費は実費)
1時間 ¥2,500
個人の依頼による買い物等代行業務 1回 ¥1,000
個人的な電化製品の電気料(1製品につき) 1回 ¥10
被服のリース代(1日)
下着、靴下、普段着、パジャマ
1セット ¥500
アクティビティ活動費(参加時の材料費)
(音楽・水彩画・わくわく体操など)
  実費相当額
オプション行事 1回 内容により決定
通院時の診療費・薬剤費   実費相当額
個人の新聞代・雑誌代   実費相当額
個人の趣味・電話代   実費相当額
日用必需品セット(歯ブラシ、歯磨き等)   実費相当額
嗜好品(お菓子・タバコ等)   実費相当額
希望食   実費相当額
理美容   実費相当額
私物洗濯代(クリーニングが必要な衣類)   実費相当額
生活用品・被服などの個人的経費   実費相当額
文書等のコピー代 1枚 \10

短期入所生活介護ご利用の中止

無断で利用しない場合、又はご連絡が来園日の前日の午後5時以降でかつ他の日への変更が
不可能な場合

①来園日の前日午後5時までにご連絡いただいた場合 無料
②来園日の前日午後5時までにご連絡がなかった場合 1日の利用料の100%

*利用料とは、基本料金(利用者負担額)+滞在費+食費(食材費+調理費)を言います。